風水で良いとされる犬小屋の位置は?撮影した写真の置き場も!

公開日: : 最終更新日:2019/03/24



風水というと、方位と陰陽五行の考えをインテリアに取り入れて開運をするもので、ペットと関係があるかどうかなんて考えたこともないという方も多いのではないでしょうか。

ですが、ペットに関することにも、風水を取り入れることができるんです。

今回は、風水から見て良いとされる犬小屋の位置についてご紹介するとともに、撮影した愛犬の写真はどういった場所に置くと良いのかについても、ご紹介します!

風水で良い犬小屋の位置

犬と犬小屋

犬という動物は、昔から人と共に生活をしてきた身近な生き物です。

群れの中で順位付けをしてボスに従う社会性の高さがある頭の良い動物です。飼い主であるご主人への忠誠心も強いといわれています。

風水では、犬の忠誠心の強さから「外の敵からご主人(家族)を守ってくれる動物」として大切にされています。また、邪気を払うため手を叩いて大きな音をだすという方法があるのですが、手を叩くかわりに犬の鳴き声が邪気を払うともいわれているんだそうです。

犬を飼うにあたり、屋外でも屋内でも犬の居場所をきちんと用意してあげないといけません。そこで風水的に見て良い犬小屋の位置はどこなのかを調べて見ました。

風水で良いとされる犬小屋の位置は、東や東南方位です。間取りによっては難しいこともあると思います。

そんな時は、無理に東や東南方位にせず、犬が居心地良さそうにしている場所にしてあげると良いです。

また、犬小屋の中や周辺はこまめに掃除をして、清潔な環境を保ってあげるようにしましょう。犬の毛は至る所に入り込みますから大変ですが、部屋の隅などもこまめに掃除するようにしましょうね。

最近は、番犬としてというよりそばにおいてかわいがるために飼う方が多くなり外で飼っているお宅をあまり見かけなくなりましたが、屋外でも屋内でも良いとされる犬小屋の位置は同じです。

絶対ダメな犬小屋の場所はある?

犬は人よりも「気」に敏感だといいます。
部屋の隅やホコリが溜まりやすい場所などは悪い気も溜まりやすく、犬の健康運を下げてしまいます。また、犬が居心地悪そうにしている場所もよくありません。
家具や柱などの角が犬に向かっているのも避けたほうがよいです。

これは人にも当てはまるのですが、角からは尖った鋭い気が発せられているため、その気を受けると運気が下がるといわれています。
間取りもありますから、犬小屋の位置をどうしても家具や柱の角からよけられないような場合は、観葉植物や置物などで角を遮るようにするとよいです。
植物も悪い気が溜まっている場所では元気に育たないといわれています。元気に育っていた植物の置き場所を変えたとたん枯れてしまったという話も聞きます。
日当たりの問題だったという事もありますが、正しい管理をしているのにある場所に置くと育たないという場所は邪気が溜まっていることが多いです。

そういった場所も犬小屋の場所にはむいていません。

風水で良い犬の写真場所は?

愛犬の写真を部屋に飾っている方も多いでしょう。みなさんは、どこに飾っていますか?

写真の置き場所も、風水でみることができるんですよ。犬は風水五行で「火」の気に属します。火の気は、情熱・生命力・活力などを表し、健康運・仕事運などを司っています。

リビングに飾る

元気いっぱい遊んでいる写真、ドッグランで走り回っている写真など楽しそうにしている犬の写真をリビングに飾る事で活気が出てその家の人の健康運があがるといわれています。

ただ、火の気が強すぎるとトラブルを引き寄せやすいともいわれるので、写真立てのフレームを木製にすると火のエネルギーが柔らかいものになるのでおすすめです。

職場のデスク周りに飾る

デスク周りに飾る写真も元気よく活発にしているときの写真を飾る事で直感力がよくなり様々なアイデアが浮かびやすくなるといわれています。

また、火の気をもつ犬の写真を飾る事で、モチベーションがあがり、その結果仕事運上昇にもつながります。

玄関に飾るのは避けましょう

犬は基本的にはラッキーモチーフで良い気を運んでくれたり、邪気を払ってくれたりするのですが、玄関は注意が必要です。

玄関はその家の気の入口になります。「邪気を払うため、犬の写真や置物を置いた方が良いのでは?」と思われるかもしれませんが、悪い気と一緒に良い気も払ってしまい風水的には良くないとされています。

亡くなった愛犬の写真は飾って大丈夫

亡くなってしまった愛犬の写真を飾ると、いつまでも旅立つことが出来ないからダメなのではないかと気にしている方もいらっしゃるでしょう。

でも、大丈夫なんですよ。

亡くなった愛犬の写真を飾る事はなんの問題もありません。

ただし、写真を見て悲しくなったり気分が沈みがちになったりする場合は、飾らない方が良いです。気持ちの整理がつききちんとお別れができていたらぜひ飾ってあげてください。


風水で良いとされる犬小屋の位置、それから撮影した写真を飾る場所についてご紹介しました!

  • 犬小屋は屋外屋内関係なく、東や東南方面に置く
  • 東や東南方面以外でも、犬が居心地良さそうにしている場所ならOK
  • 部屋の隅や犬が居心地悪そうにしている場所は良くない

  • 写真は楽しそうにしている犬の写真をリビングに飾ると健康運があがる
  • 犬の写真をデスク周りに飾ると、仕事運があがる
  • 犬の写真を玄関に飾ると、良い気も払ってしまうので飾らない方が良い
  • 亡くなった犬の写真は、きちんとお別れできている場合のみ飾って良い

犬小屋の位置は方位を考えるとうまくその場所に置けないという事が多いと思います。

普段から居心地良さそうに過ごしている場所があるはずですから、そういった場所に犬小屋を置いてあげると良いかと思います。

犬が毎日心地よく暮らせることで飼い主やその家のエネルギーも高まって風水効果も期待できるのではないでしょうか。

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です